JUGEMテーマ:不妊治療

 

産婦人科の検査について

産婦人科の受診って怖くないですか?私は『いったい何されるんだろう…(怖)』と考えながら病院に向かっていたのを覚えています。

 

ここでは私がお医者さんに掛かっていた時にメインで受けていた検査【経腟超音波検査】【ヒューナー検査】について説明しようと思います。


音波,超音波

【経腟超音波検査】とは

この検査は膣内に超音波断層装置を挿入し、子宮や卵巣の状態を検査するものです。

 

排卵日の推定も可能な検査となり、月経期の卵胞の様子を見ることができます。月経期には5mm程度の卵胞が排卵期には20mm程度になり、排卵後の卵巣内の様子などのモニターもできます。

 

また、それ以外にも子宮内に存在する子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣嚢(のう)腫などの診断もできます。

 

この検査は受診の度に実施していました。膣内に機械を入れて、体の内部からエコーで見るような感じで、痛みは全くないので安心です。

 

少し恥ずかしいかもしれませんが、『妊娠するぞ!』と覚悟を決めて臨めば問題ありません。この検査は保険適応の検査になります。


【ヒューナー検査(フーナー検査)】とは

卵巣とその中の精子の様子を見る為の検査です。この検査は子作りをした後の受診時に実施します。

 

頸管粘液を少量吸い取り、顕微鏡を通して観察します。

 

この検査でわかることは$管粘液の状態∪沙劼いるかどうか、精子は元気か精子の頸管の通過性などです。

 

おりものの状態と精子の量と質の確認、また精子が卵巣の中へ入っているかをこの検査で見ます。

 

こちらの検査は保険適用外ですが、比較的安価で受けられます。


子宮

【子宮卵管造影検査】とは

あと、私は受けていませんが【子宮卵管造影検査】についても軽く説明しておきます。

 

【子宮卵管造影検査】とはレントゲン撮影により、造影剤を用いて、卵管の通過性や子宮の形態などをみる検査です。

 

卵管の通過障害を見ることで、自然妊娠の可否をみることができます。この検査によって卵管の通過性と左右差、子宮の形態異常がわかります。

 

検査としては、膣内に注射器のようなもので液体を流し、エコーで膣から子宮や卵管、卵巣の様子をリアルタイムでみていくことになります。

 

卵管を通す検査なので、『検査後に妊娠した!』という方も多数おられるようです。痛みを伴う検査という情報が多く、気合いを入れた方がいいかも…。経験上は受けた方がよかったのしれませんが、私は受けなくてよかったと思っています…。