JUGEMテーマ:不妊治療

 

体外受精を受けるかどうかを悩む私ですが、説明会を受けないと治療はうけられないので、まずは体外受精の説明会へ行くことにしました。

 

体外受精には様々な方法があることを聞きましたが、素人の私にはすごく難しい話でした。わかりやすく説明してみようと思います。(あくまでも私が通っていた産院の話なので、他の産院ではもっと多くの方法があると思います)

 

体外受精の方法と種類

体外受精には排卵を誘発する方法が大きく〕業周期法(刺激法)⊆然周期法(低刺激法)に分かれています。読んで字のごとく体への刺激が多いものと少ないものです。代表的な5つの方法を説明しようとおもいます。

体外受精,増やす,増


〕業周期法(刺激法)

 

  1. Long法とは…『自発排卵を抑える為の点鼻薬』を前周期の排卵が終わったタイミングから毎日鼻に噴霧します。その後月経が始まり、月経の3日目以降に『排卵を誘発する注射』を毎日注射し、卵を育てます。卵胞の発育を観察し、2個以上の卵胞が18mmを超えた時点で『排卵を促す注射』を打ち、その35時間前後に採卵します。
  2. short法とは…『自発排卵を抑える為の点鼻薬』を月経の開始日か、その翌日のタイミングから毎日鼻に噴霧します。その翌日から『排卵を誘発する注射』を毎日注射し、卵を育てます。後はLong法と同じで、卵胞の発育を観察し、2個以上の卵胞が18mmを超えた時点で『排卵を促す注射』を打ち、その35時間前後に採卵します。
  3. アンタゴニスト法とは…月経3日目ぐらいから『排卵を誘発する注射』を毎日注射し、卵を育てます。卵胞が14mmを超えた時点から『自発排卵を抑える為の注射【アンタゴニスト】』と『排卵誘発剤』を2,3日間注射します。後はLong法と同じで、卵胞の発育を観察し、2個以上の卵胞が18mmを超えた時点で『排卵を促す注射』を打ち、その35時間前後に採卵します。

 


⊆然周期法(低刺激法)

 

  1. 自然周期法とは…完全自然周期での受精は薬(内服・注射)による排卵誘発を一切行わず、まったく自然な月経周期の中で自然に育ってくる卵胞から採卵をし、それを受精させ、原則新鮮胚(凍結させていない胚)で移植する方法です。
  2. クロミッド法とは…月経3日目より『卵胞を成熟させ排卵を促進する飲み薬【クロミッド】』を1,2錠内服し、月経8〜10日目に診察を受け、卵胞の大きさを計測し、ホルモンの検査を受けます。卵胞が18mm前後に達したところでクロミッド内服をやめ、『排卵を促す注射』を打ち、採卵します。

 


※それぞれの赤文字のところが、それぞれの方法の特徴です。

体外受精の方法はこんな感じです。次のページではそれぞれの方法のメリットとデメリットについてお話します。


関連:体外受精のそれぞれの方法のメリット・デメリット 体外受精の費用について


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>