JUGEMテーマ:不妊治療
 

前回は体外受精の5種類の方法についてお話しました。今回はそれぞれの方法のメリットとデメリットについてまとめていきます。

メリット,デメリット


〕業周期法(刺激法)のメリットとデメリット

⑴Long法のメリットとデメリット

メリット:

  1. 薬の効能によって【LH:黄体形成ホルモン】を十分に抑制することで、自然排卵を抑え、卵子が十分に成長する。
  2. 比較的、採卵日の調整がしやすい。
  3. 多くの卵子を確保することが期待されるので、凍結保存することができる。

デメリット:

  1. 薬の使用期間が長い、投薬量が多くなる。
  2. 多くの卵胞が育つことから【OHSS:卵巣過剰刺激症候群】の発生率が高くなる。

 

⑵short法のメリットとデメリット

メリット:

  1. 薬剤の使用期間が短い。
  2. 発育卵胞数が多く、多くの採卵が期待できる。
  3. 多くの胚を確保することが期待されるので、凍結保存することができる。
  4. 卵巣機能低下した方、高年齢の方でも複数の卵胞を確保することが期待できる。

デメリット:

  1. 多くの卵胞が育つことから【OHSS:卵巣過剰刺激症候群】の発生率が高くなる。
  2. 卵胞の成長に若干のバラツキがある。

 

⑶アンタゴニスト法のメリットとデメリット

メリット:

  1. 薬剤の使用期間、投薬量が少ない。
  2. 【OHSS:卵巣過剰刺激症候群】の発生率がLong法やshort法に比べて低い。
  3. 卵巣機能が低下した方にも有効と言われている。

デメリット:

  1. 薬の値段が高い。

 


⊆然周期法(低刺激法)のメリットとデメリット

⑴完全自然周期法のメリットとデメリット

メリット:

  1. 投薬が全くない。

デメリット:

  1. 確保できる卵子の数が少ない。(基本的に1個)
  2. 自然排卵し、採卵できない場合がある。
  3. 卵胞が育たないことがある。

 

⑵クロミッド(クロミフェン)法のメリットとデメリット

メリット:

  1. 投薬量が少ない。
  2. 卵巣への負担が軽い。
  3. 卵巣機能が低下した方、高年齢の方の卵子の確保が期待できる。
  4. クロミッド(クロミフェン)を使用することで排卵を抑制できる。

 

デメリット:

  1. クロミッドを使用することで子宮内膜が薄くなることがある。

 


以上がそれぞれのメリットとデメリットになります。基本的には産院で、ひとりひとりに適した治療スケジュールを採用してくれます。

スケジュール

【OHSS:卵巣過剰刺激症候群】とは…排卵誘発剤の投与により卵巣が過剰に発育し、たくさんの卵胞が発育・排卵することで、下腹部の張りや吐き気、嘔吐、呼吸困難など様々な症状が呈する症候群のことです。

 

あと不妊治療において気になるのが『費用』ですよね…。不妊治療って保険適応外ですごくお高いイメージですしね(;´Д`)

次のページでは不妊治療の費用についてまとめていこうと思います。


関連:体外受精の方法と種類 体外受精の費用について


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>