JUGEMテーマ:不妊治療

 

体外受精の費用について

※あくまでも私が通っていた産院での金額になります。詳細の費用は通われている産院にて確認よろしくお願いします。

 

過去に体外受精の方法について説明しましたが、その先の受精方法によっても金額が変わります。

 

受精方法には【媒精法】と【顕微授精法】の2パターンがあります。それぞれの方法での金額をまとめていきます。


⑴Long法・short法

【媒精法】…約31万円

【顕微授精法】…約38万円

 

⑵アンタゴニスト法

【媒精法】…約34万円

【顕微授精法】…約41万円

 

⑶自然周期法(自然周期法・クロミッド法)

【媒精法】…約20万円

【顕微授精法】…約23万円


以上がそれぞれの方法でのざっくりとした金額です。

他にも、胚(受精卵)を保存するとなると…

胚(受精卵)凍結保存…約5万円(1年間)

胚(受精卵)凍結保存延長…約4万円

 

胚(受精卵)移植のみを受ける場合は…

胚(受精卵)融解…約4万円

胚盤胞移植…約7万円

初期胚移植…約5万円

 

男性不妊の場合は…

精巣精子回収手術…約23万円

精子凍結保存…約4万円


などなど色々なパターンがあります。

 

そこに検査費用があったり、投薬費用があったり、治療回数が違ったり、人それぞれ様々なパターンがあるので、具体的に『体外受精にはいくらかかります!』とはいえません。

 

ただひとつひとつの治療が『やっぱり高いなぁ〜(;´Д`)』っていう印象ですよね…。


特定不妊治療費助成制度について

そんな体外受精ですが、助成制度があるのはご存知でしょうか?『特定不妊治療費助成制度』というものです。

 

制度なので、条件などはありますが、ここまで高い体外受精の金銭面を援助してくれるとってもありがたい制度なのです!

 

これを利用すれば、初回の治療費30万円2回目以降の治療費15万円を助成してくれます!

 

条件によって助成金額が違います。『厚生労働省 不妊治療 助成金』で検索すれば詳細が出てきます。

 

私の場合は産院で参考資料をいただきました。

 

これを活用しない手はありませんね!


以上が説明会で聞いてきた内容です。

 

さーやママ『やっぱり《家族との相談》なしでは治療は受けられないなぁ〜』

 

と色々考えながら帰ってきたことを覚えています。


関連:体外受精の方法と種類 体外受精の方法のメリット・デメリット


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>