JUGEMテーマ:不妊治療

 

受精の結果は…?

2回目の採卵の翌日。運命の日がやってきました。

 

次のステップ『受精』に進んだ私の卵子。受精の結果が本日分かります。午前中に電話にて連絡がくるのですが…。

 

『…ドキドキドキドキ…』

 

待つっていうのは本当に長いものですね…。家事も手につかず、家でソワソワしている私とその先にある携帯電話。この時は本当に何をしているのかわからない状態でした。

 

プルルルル、プルルルル、プルルルル

 

『ビクッッ!キタッッッ!!!』

 

携帯電話には『病院』の2文字が出ています。緊張した面持ちで通話のボタンを押しました。

 

『さーやさんのお電話でしょうか?こちら、ほにゃららクリニックですが。昨日の受精についてお電話させていただきました。』

 

ついに結果の時がやってきました。

 

『今回の受精なのですが、残念ながら【多精子受精】の為、次のステップに進めることができませんでした。』

 

『…え?ダメだったんですか…?』

 

私はただただショックでした。念願の卵子が採れたのに、その卵子は失敗に終わってしまいました。

 

電話を切り、【多精子受精】について検索しました。


【多精子受精】って何?

【多精子受精】とは…1つの卵子に対して2つの精子が進入する状態。原因の特定は難しいようですが、卵子と精子共に原因になる要素はあるようです。

 

卵子は1個の精子が卵子内に入ると、周りの膜を固くして2個目の精子の進入を防ぎます。

 

多精子受精は2個目の精子が卵子の中に入ってしまうことで起こってしまいます。

 

卵子の加齢により多精子受精が起こりやすい状態になってしまうことが言われていますが、『一概に卵子の質が悪いから起こる』というワケではないようです。

 

また、精子の中に『核が2つ』あり、それが原因で多精子受精になることもあるようです。


3回目の体外受精へ

今回の失敗は卵子が採れたという喜びが大きかっただけに、今回はなかなか切り替えることが難しかったのですが…。

 

『後悔しないように、子供を作るためにできることは全部やろう!』

 

不妊治療を始める前にしらすパパと決めたことです。この言葉を信念に3回目の体外受精を開始しました。

 

今まで同様、生理の2日目に受診しました。いつも通り子宮の内診をしてもらうと…。

 

先生『…ん?卵巣内が腫れているね。採卵の影響か、クロミッド薬の影響か…。一回卵巣を休ませるためにも今回は自然周期でトライしてみようか』

 

今回の体外受精は『自然周期法』で実施することになりました。『クロミッド法』との違いはクロミッド薬を飲むか飲まないかだけなので、ボルタレン坐薬の挿入とHCG注射の接種は変わりませんでした。

 

採卵の前々日にHCG注射を打ちに行き、前日からボルタレン坐薬を挿入しました。

 

そして、3回目の採卵へ出かけます。今回は自然周期法なので、採卵は1つです。いつも通り採卵室へ入り、分娩台で横になります。先生が入室し、採卵の時間がやってきました。

 

『……いッッッ!』←1つでも痛いものは痛い

 

5分ほどで採卵を終えて、培養士さんの結果を待ちます。

 

培養士さん『今回も卵子は入っていませんでした…』

 

結果を聞くとガックリきますが、なぜか卵子が入っていないことにちょっと慣れてきた私がいました。

 

3回目の体外受精の費用は、採卵したものの卵子が採れなかったので『3万円』で終わりました。


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>