不妊治療でよく聞く女性ホルモン…一体何が分かるの?

JUGEMテーマ:不妊治療

 

ホルモン検査(血液検査)の各数値について

ここでは不妊治療において、よく耳にするホルモンについて説明しようと思います。

 

ホルモン検査とはイコール血液検査のことです。不妊治療でよく聞くホルモンは5種類あります。FSH・LH・PRL・E2・P4です。


FSH(卵胞刺激ホルモン)

卵巣に働きかけ、卵胞を成熟させる働きがあります。卵巣機能の働きを表すのがこの数値です。

 

ホルモンの値が低いもしくは値が高いと卵巣の機能が低下してしまい、卵胞の発育を抑制してしまいます。卵胞が空であったり、未熟卵であったり、卵子の質が悪くなることがあります。


LH(黄体形成ホルモン)

排卵直前に普段の数倍量ものLH(黄体形成ホルモン)が分泌され、成熟した卵胞から卵を排卵させる役割を持っています。

 

排卵後は残った卵胞を黄体に変え、子宮内膜の肥厚と発達、保持させます。着床に向けて栄養を蓄え、妊娠を継続させる大切なホルモンです。

 

この値が低い場合、卵胞が未成熟になり、排卵しずらくなってしまいます。逆に高いと更年期障害や月経異常になる恐れがあります


PRL:プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)

産後に母乳を出させるためのホルモンです。

 

産後には重要なホルモンですが、妊娠していない時期に分泌されすぎると、FSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)の作用を邪魔し、卵巣の機能をストップさせてしまいます。

 

逆に低すぎると無月経を招いたり、妊娠の適切な維持ができなくなります


E2:エストラジオール(卵胞ホルモン)

卵胞の成熟とともに分泌され、子宮内膜を厚くし、頸管粘液(おりもの)を増やします。

 

この値が低いと卵巣機能の低下を意味します。無排卵や無月経という症状を招く恐れがあります。値が高いと腫瘍などの病気の疑いがあります。


P4:プロゲステロン(黄体ホルモン)

体温を上昇させ、E2:エストラジオール(卵胞ホルモン)によって厚くなった子宮内膜をさらに受精卵が着床しやすい状態にします。

 

妊娠すれば分泌され続け、妊娠の継続を助ける働きをします。

 

この値が低いと受精卵が着床しにくい状況になります。値が高すぎると体に不快な症状が出るようになり、腹痛・腰痛・頭痛・肩こり・便秘・肥満になりやすい・むくみ・イライラ・肌荒れなどが酷くなる場合があります。

 

月経前にこのような症状が酷くなると月経前症候群(PMS)になることがあります。


私の場合は【PRL:プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)】が異常に少なく、卵巣の機能自体が衰えていました。

 

月経自体はきていましたが、卵子の質がよくないor無排卵の症状がありました。


【AMH:抗ミュラー管ホルモン】について

あと私が受けた【AMH:抗ミュラー管ホルモン】についても補足で調べてみました。

 

大まかな概要は本文にもあった通り「卵巣内にどのくらいの卵子が残されているか」を調べて「何歳まで妊娠が出来る」か、つまり「不妊治療を何歳ぐらいまで受けられるか」という目安を調べるための検査です。

 

私が検査を受けた時、この数値がかなり低く、『妊娠できないのかな』と不安になったのですが、どうやらこの数値は「低いイコール妊娠力が低い」というワケではなさそうです。

 

というのも「どのくらいの卵子が残っているか」を調べてるだけであって「残っている卵子の質が低い」というワケではないからです。

 

なので、【AMH:抗ミュラー管ホルモン】値はあくまで目安として見ておいた方が良さそうです。


女性ホルモンを増やすための対策として

『治療以外に何かないかな?』と思い色々調べました。

 

一生の間で女性ホルモンが分泌される量は決まっているので、『女性ホルモンを増やそう!』ということは不可能なようです。

 

しかしストレスにより正常に分泌されていない女性ホルモンを、正常通りに分泌させるということは出来るみたい。

 

出ていないホルモンを出すことで『以前よりもホルモンが増える』という状態にもっていけます。これは妊活として大きな前進ではないですか?

 

以下に調べた対策方法を挙げてみます。

 

  1. 早寝早起きをする
  2. ストレス発散をする
  3. たばこ・アルコールを控える
  4. 食生活を見直す
  5. サプリメントを活用する

 

『どれか1つをやれば改善する!』というわけではないのでトータルで取り組んだ方がいいようです。

 

私はこの対策を言われたときに1,2,3は問題なくできましたが、『4.食生活を見直す』がどうしても無理でした。

 

料理がどうも苦手なんです。いただいた資料に以下のようなチェック項目がありました。

 

  • ほうれん草などの葉野菜・緑黄色野菜を食べていますか?
  • いちご・柑橘系の果物は摂っていますか?
  • 納豆・豆腐・豆乳などの豆類は食べていますか?
  • 海苔・昆布などの海藻類を食べていますか?
  • レバーなどの鉄分を摂っていますか?

 

私は納豆が大好きで毎日食べていますが、それ以外はチェックが入りませんでした。(お恥ずかしい話です)

 

「みそ汁のあさげにはワカメ入ってるよね!」ぐらいのものでした。(重ねてお恥ずかしい話です)

 

なので、栄養に関しては迷うことなく『5.サプリメントを活用する』を選びました。だって簡単だし、食後に飲むだけなので…。私と同じく『料理が苦手だわ』って方にはサプリメントがオススメです。

関連:ピジョン サプリメント 葉酸カルシウムプラス 60粒入 (別リンクへ)

関連:ピジョン おいしい葉酸 タブレット カルシウムプラス 60粒入(別リンクへ)

関連:【ベルタ葉酸サプリ】 (別リンクへ)


以上、ホルモンについてでした!

不妊治療のまとめ(かかった期間・費用、私がやってよかったこと)

JUGEMテーマ:不妊治療

 

私が経験した不妊治療

私は体外受精の末、妊娠することができました。ブログの方が少しわかりにくくなってしまったので、時系列でまとめていこうと思います。


2013年

  • 不正出血が起こり、初めて産婦人科を受診する。
  • 【子宮筋腫】と診断される。

関連:不妊治療を始めるきっかけ 


2014年12月

  • 本格的に妊活を開始するために仕事をやめる。
  • 基礎体温を付け始める。
  • タイミング法を実施する。

関連:自分の体を知るための行動とは?


2016年5月27日(病院1回目)2,750円

  • 県内で有名な産婦人科を受診する。
  • 【子宮腺筋症】と診断される。
  • 卵胞の数が少ない可能性あり。

関連:血液検査で全部わかる?不妊治療の採血


2016年6月1日(病院2回目)710円

  • SEX検査→精子は異常見つからない
  • 卵管造影検査の説明を受ける

2016年6月14日(病院3回目)3,410円

  • 採血のみ

2016年6月20日(病院4回目)10,810円

  • 卵管造影検査の予定が卵胞があったため【タイミング法】の実施に変更。
  • 【AMH:抗ミュラー管ホルモン】の採血実施しその結果、下記がわかる。
  • 卵胞数が少ないと判明
  • 卵巣の働きが弱いと判明

関連:不妊治療でよく聞く女性ホルモン…一体何が分かるの?

2016年6月22日(病院5回目)790円

  • SEX検査→精子異常なし
  • 排卵前(卵胞大きさ24.5mm)

2016年7月7日(病院6回目)0円

  • IVF(体外受精)の説明会

関連:体外受精って何?方法と種類について調べてみました!

関連:体外受精の方法に続いて…それぞれのメリット・デメリットは?

関連:体外受精って高い?体外受精の費用について

2016年7月15日(病院7回目)710円

  • 採血→AMHの数値から体外受精をすすめられる

関連:不妊治療は家族の戦い!旦那と協力的に治療していく方法


2016年8月5日(病院8回目)2,760円

  • 体外受精の同意書提出(採卵はお盆前後に決定)
  • クロミッド薬を処方される
  • クロミッド薬を夜から服用開始(1日2錠)

2016年8月9日(病院9回目)20,768円

  • 夫婦での採血
  • 精液検査

関連:体外受精の治療開始!精液を病院へ届ける

2016年8月10日(病院10回目)7,938円

  • 精液検査の結果→異常なし
  • 内診と採血
  • 体外受精の日決定(8月13日)

2016年8月11日(病院11回目)1,620円

  • 排卵を促す注射を打つ

2016年8月13日(病院12回目)33,415円

  • 採卵するが、卵子がなく終了(3個中0個)

関連:運命の初体外受精、その結果は?

2016年8月29日(病院13回目)3,840円

  • 生理2日目の内診
  • クロミッド処方
  • クロミッド服用開始(翌朝より1日1錠)

2016年9月5日(病院14回目)7,750円

  • 排卵を促す注射を打つ
  • 採血と内診
  • 体外受精の日決定(9月7日)

2016年9月7日(病院15回目)125,820円

  • 採卵し、4個中1個卵子を採取する(4個中1個)
  • 翌日の電話で受精の失敗を知る

関連:2回目の体外受精に挑戦!前回の採卵と比べて…。,試練!次のステップに進まない…。

2016年9月23日(病院16回目)390円

  • 卵巣が腫れている
  • 次の体外受精は自然周期法に決定する。

2016年10月1日(病院17回目)2,280円

  • 内診→カンジダと診断される→薬にて治療

2016年10月4日(病院18回目)7,750円

  • 内診と採血
  • 排卵を促す注射を打つ
  • 体外受精の日決定(10月6日)

2016年10月6日(病院19回目)36,334円

  • 採卵するが、卵子なく終了(1個中0個)
  • ソフィアの処方
  • ソフィアの服用(本日より10日間)

2016年10月21日(病院20回目)3,840円

  • 生理3日目内診(大量出血)
  • クロミッドの処方
  • クロミッドの服用(本日より7日間)

2016年10月27日(病院21回目)4,030円

  • 内診(卵胞9mm。採卵の日決まらず)
  • クロミッドの追加(本日より4日間)

2016年10月31日(病院22回目)3,640円

  • 内診(卵胞15mm,18mm,10mm。採卵の日決まらず)
  • クロミッド追加(本日より2日間)

2016年11月2日(病院23回目)7,940円

  • 内診(卵胞20mm,18mm,15mm。11月5日に採卵決定)
  • クロミッド追加(本日より1日間)

2016年11月3日(病院24回目)0円

  • 排卵を促す注射を打つ

2016年11月5日(病院25回目)133,760円

  • 採卵し、5個中5個採卵する。(5個中5個)
  • 翌日の電話で全て受精成功を知る
  • 5日後の電話で5個中3個の凍結成功を知る

関連:4回目の体外受精!4度目の正直なるか…。,ついに採卵成功!次のステップへ

2016年11月29日(病院26回目)57,250円

  • 内診と凍結代の支払い

2016年12月1日(病院27回目)9,500円

  • 内診と採血
  • 移植中止の連絡と翌日の再診が決まる

2016年12月2日(病院28回目)7,950円

  • 内診と採血
  • 移植中止の連絡と5日の再診が決まる

2016年12月5日(病院29回目)7,950円

  • 内診と採血
  • 12月8日に体外受精決定

2016年12月8日(病院30回目)98,340円

  • 内診と採血
  • 胚移植
  • 排卵を促す注射を打つ

2016年12月11日(病院31回目)3380円

  • 排卵を促す注射を打つ

2016年12月26日(病院32回目)6,620円

  • 胎嚢確認(妊娠する)

関連:胚移植決定!どうか妊娠しますように…。


私が妊娠するまでの期間

私が本格的に不妊治療し始めて、妊娠するまでは『2年間』かかりました。私は『すごく恵まれているなぁ』と妊娠した時に思いました。

 

普通に過ごしている『2年間』というのは本当にあっという間ですが、不妊治療をしている『2年間』は本当に長く感じました。

 

治療を受けている間にずいぶんと『不妊治療』について調べましたが、『2年で授かったよ』という方はなかなかおられません。

 

この『2年間』という数字は本当に幸運だと思いますし、この治療に携わって下さった方々に本当に感謝しています。


私が妊娠するまでにかかった費用

私が本格的に不妊治療を始めてから病院に通い、妊娠するまでにかかった費用は『614,045円』でした。

 

ここに『特定不妊治療費助成制度』の助成金をプラスすると合計で『314,045円』となりました。

 

私はかなりお買い得に不妊治療を終えたことになります。『かなりお買い得』という言葉で片付けていいのかわからないですが、本当に幸運なタイミングで授かったと思います。

 

要因は色々ありますが、まず第一に『早く授かったこと』が大きいと思います。これが全てだといっても過言ではないです。体の負担と経済的な負担をグッと抑えてくれた結果になりました。

 

次に『卵子が採れなかったこと』が挙げられると思います。精神的なショックはかなり大きいですが、経済的な負担は抑えてくれた結果となりました。(あくまでも結果論です)

 

あと『自然周期法での治療を採用したこと』が大きかったのかなと思います。

 

採卵の回数が増えることと、採卵で麻酔を使用しないことで、『痛みに耐えないといけない』というところがデメリットですかね…。


私が妊娠するためにしてよかったと思うこと

私が妊娠するうえで『妊娠するためにしてよかった』と一番に思ったことは『仕事を辞めたこと』でした。

 

関連:不妊治療を始めるきっかけ』の記事にも書いたのですが、私が以前に働いていた職場は『ストレス』や『冷え』と隣り合わせの職場でした。

 

その影響からか『子宮筋腫』や『子宮内膜症』といった不妊の原因と言われている症状に悩まされる結果となりました。今も辞めずに続けていれば、その症状によって不妊治療がもっと長引いていたかもしれません。

 

辞めたいけど『経済的に厳しい』といった理由で辞められないという方も中にはおられるかもしれません。それで仕事は辞めないというのも選択肢だと思います。でも『後悔しない不妊治療』を目標に掲げてきた私としては後悔のない選択だったといえます。

 

もしあなたが悩んでいるのなら、仕事を辞めれば『ストレス』や『冷え』、その他の原因から逃れられるのであれば、仕事を辞めるのも一つの手段だと思います。

 

もう一つ『妊娠するためにしてよかった』と思ったことがあります。それは『家族で取り組めたこと』です。治療のたびにしらすパパと話し合って答えを出すことができました。

 

ひとつ結果が出れば、それに対して『話し合いを行う』ことを必ずしてきました。

 

私はしらすパパが言ってくれた言葉を今でも忘れることができません。その言葉はこれです。

 

『たとえ子供が出来なかったとしても、夫婦で二人でいれれば幸せな人生が送れる』

 

これは私も思っていたことだし、実際に子供がいなかった時に幸せな生活が送れていたのも、この考えが根底にあったからだと思っています。

 

『ストレス』を抱えることもなく、前向きに不妊治療に取り組めたのは、その先を見据えてまで二人で話し合えた結果でした。

 

もしあなたがこれから不妊治療を行うのであれば、一人じゃなくて二人で取り組んでください。『ストレス』の感じ方が全く違うと思いますよ。


不妊治療のまとめ

不妊治療は夫婦によって方法も治療も結果も結論も違うと思います。

 

ここまで不妊治療の実体験を書いてきた私ですが、不妊治療をやる上で大切なことは『夫婦が夫婦で決めたことに対してとことんやり切る』ということかなと思います。

 

その中で夫が出来ることを最大限やる、妻が出来ることを最大限やるということが大事です。

 

最終的にはどういった結果が待っているかわかりませんが、『納得がいく結果』『納得いく結果とは言えないけどやることはやった』と言えるまで不妊治療はやりきりたいですね。


不妊治療の記事はここまでとなります。次回からは私の妊娠体験に基づいて記事を書いていきます。

 

これからもどうぞよろしくお願いします。


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>