不妊治療でよく聞く女性ホルモン…一体何が分かるの?

JUGEMテーマ:不妊治療

 

ホルモン検査(血液検査)の各数値について

ここでは不妊治療において、よく耳にするホルモンについて説明しようと思います。

 

ホルモン検査とはイコール血液検査のことです。不妊治療でよく聞くホルモンは5種類あります。FSH・LH・PRL・E2・P4です。


FSH(卵胞刺激ホルモン)

卵巣に働きかけ、卵胞を成熟させる働きがあります。卵巣機能の働きを表すのがこの数値です。

 

ホルモンの値が低いもしくは値が高いと卵巣の機能が低下してしまい、卵胞の発育を抑制してしまいます。卵胞が空であったり、未熟卵であったり、卵子の質が悪くなることがあります。


LH(黄体形成ホルモン)

排卵直前に普段の数倍量ものLH(黄体形成ホルモン)が分泌され、成熟した卵胞から卵を排卵させる役割を持っています。

 

排卵後は残った卵胞を黄体に変え、子宮内膜の肥厚と発達、保持させます。着床に向けて栄養を蓄え、妊娠を継続させる大切なホルモンです。

 

この値が低い場合、卵胞が未成熟になり、排卵しずらくなってしまいます。逆に高いと更年期障害や月経異常になる恐れがあります


PRL:プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)

産後に母乳を出させるためのホルモンです。

 

産後には重要なホルモンですが、妊娠していない時期に分泌されすぎると、FSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)の作用を邪魔し、卵巣の機能をストップさせてしまいます。

 

逆に低すぎると無月経を招いたり、妊娠の適切な維持ができなくなります


E2:エストラジオール(卵胞ホルモン)

卵胞の成熟とともに分泌され、子宮内膜を厚くし、頸管粘液(おりもの)を増やします。

 

この値が低いと卵巣機能の低下を意味します。無排卵や無月経という症状を招く恐れがあります。値が高いと腫瘍などの病気の疑いがあります。


P4:プロゲステロン(黄体ホルモン)

体温を上昇させ、E2:エストラジオール(卵胞ホルモン)によって厚くなった子宮内膜をさらに受精卵が着床しやすい状態にします。

 

妊娠すれば分泌され続け、妊娠の継続を助ける働きをします。

 

この値が低いと受精卵が着床しにくい状況になります。値が高すぎると体に不快な症状が出るようになり、腹痛・腰痛・頭痛・肩こり・便秘・肥満になりやすい・むくみ・イライラ・肌荒れなどが酷くなる場合があります。

 

月経前にこのような症状が酷くなると月経前症候群(PMS)になることがあります。


私の場合は【PRL:プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)】が異常に少なく、卵巣の機能自体が衰えていました。

 

月経自体はきていましたが、卵子の質がよくないor無排卵の症状がありました。


【AMH:抗ミュラー管ホルモン】について

あと私が受けた【AMH:抗ミュラー管ホルモン】についても補足で調べてみました。

 

大まかな概要は本文にもあった通り「卵巣内にどのくらいの卵子が残されているか」を調べて「何歳まで妊娠が出来る」か、つまり「不妊治療を何歳ぐらいまで受けられるか」という目安を調べるための検査です。

 

私が検査を受けた時、この数値がかなり低く、『妊娠できないのかな』と不安になったのですが、どうやらこの数値は「低いイコール妊娠力が低い」というワケではなさそうです。

 

というのも「どのくらいの卵子が残っているか」を調べてるだけであって「残っている卵子の質が低い」というワケではないからです。

 

なので、【AMH:抗ミュラー管ホルモン】値はあくまで目安として見ておいた方が良さそうです。


女性ホルモンを増やすための対策として

『治療以外に何かないかな?』と思い色々調べました。

 

一生の間で女性ホルモンが分泌される量は決まっているので、『女性ホルモンを増やそう!』ということは不可能なようです。

 

しかしストレスにより正常に分泌されていない女性ホルモンを、正常通りに分泌させるということは出来るみたい。

 

出ていないホルモンを出すことで『以前よりもホルモンが増える』という状態にもっていけます。これは妊活として大きな前進ではないですか?

 

以下に調べた対策方法を挙げてみます。

 

  1. 早寝早起きをする
  2. ストレス発散をする
  3. たばこ・アルコールを控える
  4. 食生活を見直す
  5. サプリメントを活用する

 

『どれか1つをやれば改善する!』というわけではないのでトータルで取り組んだ方がいいようです。

 

私はこの対策を言われたときに1,2,3は問題なくできましたが、『4.食生活を見直す』がどうしても無理でした。

 

料理がどうも苦手なんです。いただいた資料に以下のようなチェック項目がありました。

 

  • ほうれん草などの葉野菜・緑黄色野菜を食べていますか?
  • いちご・柑橘系の果物は摂っていますか?
  • 納豆・豆腐・豆乳などの豆類は食べていますか?
  • 海苔・昆布などの海藻類を食べていますか?
  • レバーなどの鉄分を摂っていますか?

 

私は納豆が大好きで毎日食べていますが、それ以外はチェックが入りませんでした。(お恥ずかしい話です)

 

「みそ汁のあさげにはワカメ入ってるよね!」ぐらいのものでした。(重ねてお恥ずかしい話です)

 

なので、栄養に関しては迷うことなく『5.サプリメントを活用する』を選びました。だって簡単だし、食後に飲むだけなので…。私と同じく『料理が苦手だわ』って方にはサプリメントがオススメです。

関連:ピジョン サプリメント 葉酸カルシウムプラス 60粒入 (別リンクへ)

関連:ピジョン おいしい葉酸 タブレット カルシウムプラス 60粒入(別リンクへ)

関連:【ベルタ葉酸サプリ】 (別リンクへ)


以上、ホルモンについてでした!

痛い!?痛くない!?経腟超音波検査・ヒューナー検査・子宮卵管造影検査

JUGEMテーマ:不妊治療

 

産婦人科の検査について

産婦人科の受診って怖くないですか?私は『いったい何されるんだろう…(怖)』と考えながら病院に向かっていたのを覚えています。

 

ここでは私がお医者さんに掛かっていた時にメインで受けていた検査【経腟超音波検査】【ヒューナー検査】について説明しようと思います。


音波,超音波

【経腟超音波検査】とは

この検査は膣内に超音波断層装置を挿入し、子宮や卵巣の状態を検査するものです。

 

排卵日の推定も可能な検査となり、月経期の卵胞の様子を見ることができます。月経期には5mm程度の卵胞が排卵期には20mm程度になり、排卵後の卵巣内の様子などのモニターもできます。

 

また、それ以外にも子宮内に存在する子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣嚢(のう)腫などの診断もできます。

 

この検査は受診の度に実施していました。膣内に機械を入れて、体の内部からエコーで見るような感じで、痛みは全くないので安心です。

 

少し恥ずかしいかもしれませんが、『妊娠するぞ!』と覚悟を決めて臨めば問題ありません。この検査は保険適応の検査になります。


【ヒューナー検査(フーナー検査)】とは

卵巣とその中の精子の様子を見る為の検査です。この検査は子作りをした後の受診時に実施します。

 

頸管粘液を少量吸い取り、顕微鏡を通して観察します。

 

この検査でわかることは$管粘液の状態∪沙劼いるかどうか、精子は元気か精子の頸管の通過性などです。

 

おりものの状態と精子の量と質の確認、また精子が卵巣の中へ入っているかをこの検査で見ます。

 

こちらの検査は保険適用外ですが、比較的安価で受けられます。


子宮

【子宮卵管造影検査】とは

あと、私は受けていませんが【子宮卵管造影検査】についても軽く説明しておきます。

 

【子宮卵管造影検査】とはレントゲン撮影により、造影剤を用いて、卵管の通過性や子宮の形態などをみる検査です。

 

卵管の通過障害を見ることで、自然妊娠の可否をみることができます。この検査によって卵管の通過性と左右差、子宮の形態異常がわかります。

 

検査としては、膣内に注射器のようなもので液体を流し、エコーで膣から子宮や卵管、卵巣の様子をリアルタイムでみていくことになります。

 

卵管を通す検査なので、『検査後に妊娠した!』という方も多数おられるようです。痛みを伴う検査という情報が多く、気合いを入れた方がいいかも…。経験上は受けた方がよかったのしれませんが、私は受けなくてよかったと思っています…。

初めての不妊治療。血液検査から原因がわかったときの話

JUGEMテーマ:不妊治療

前回は『不妊治療を始めるまでの話』をしました。

1年半の子作りをしても妊娠することができなかった私ですが、詳しく検査してもらうことで体の原因が分かってきました。

専門的な血液検査をしてもらうことで、原因が特定できたのです。

今回は不妊治療で有名な病院に行って検査してもらった時のことをまとめていきます。

目次

  • 初めての不妊治療
  • フーナー検査を受ける
  • 血液検査を受ける
  • 再び血液検査を受ける
  • まとめ

 

Read More...