体外受精って高い?体外受精の費用について

JUGEMテーマ:不妊治療

 

体外受精の費用について

※あくまでも私が通っていた産院での金額になります。詳細の費用は通われている産院にて確認よろしくお願いします。

 

過去に体外受精の方法について説明しましたが、その先の受精方法によっても金額が変わります。

 

受精方法には【媒精法】と【顕微授精法】の2パターンがあります。それぞれの方法での金額をまとめていきます。


⑴Long法・short法

【媒精法】…約31万円

【顕微授精法】…約38万円

 

⑵アンタゴニスト法

【媒精法】…約34万円

【顕微授精法】…約41万円

 

⑶自然周期法(自然周期法・クロミッド法)

【媒精法】…約20万円

【顕微授精法】…約23万円


以上がそれぞれの方法でのざっくりとした金額です。

他にも、胚(受精卵)を保存するとなると…

胚(受精卵)凍結保存…約5万円(1年間)

胚(受精卵)凍結保存延長…約4万円

 

胚(受精卵)移植のみを受ける場合は…

胚(受精卵)融解…約4万円

胚盤胞移植…約7万円

初期胚移植…約5万円

 

男性不妊の場合は…

精巣精子回収手術…約23万円

精子凍結保存…約4万円


などなど色々なパターンがあります。

 

そこに検査費用があったり、投薬費用があったり、治療回数が違ったり、人それぞれ様々なパターンがあるので、具体的に『体外受精にはいくらかかります!』とはいえません。

 

ただひとつひとつの治療が『やっぱり高いなぁ〜(;´Д`)』っていう印象ですよね…。


特定不妊治療費助成制度について

そんな体外受精ですが、助成制度があるのはご存知でしょうか?『特定不妊治療費助成制度』というものです。

 

制度なので、条件などはありますが、ここまで高い体外受精の金銭面を援助してくれるとってもありがたい制度なのです!

 

これを利用すれば、初回の治療費30万円2回目以降の治療費15万円を助成してくれます!

 

条件によって助成金額が違います。『厚生労働省 不妊治療 助成金』で検索すれば詳細が出てきます。

 

私の場合は産院で参考資料をいただきました。

 

これを活用しない手はありませんね!


以上が説明会で聞いてきた内容です。

 

さーやママ『やっぱり《家族との相談》なしでは治療は受けられないなぁ〜』

 

と色々考えながら帰ってきたことを覚えています。


関連:体外受精の方法と種類 体外受精の方法のメリット・デメリット


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>

体外受精の方法に続いて…それぞれのメリット・デメリットは?

JUGEMテーマ:不妊治療
 

前回は体外受精の5種類の方法についてお話しました。今回はそれぞれの方法のメリットとデメリットについてまとめていきます。

メリット,デメリット


〕業周期法(刺激法)のメリットとデメリット

⑴Long法のメリットとデメリット

メリット:

  1. 薬の効能によって【LH:黄体形成ホルモン】を十分に抑制することで、自然排卵を抑え、卵子が十分に成長する。
  2. 比較的、採卵日の調整がしやすい。
  3. 多くの卵子を確保することが期待されるので、凍結保存することができる。

デメリット:

  1. 薬の使用期間が長い、投薬量が多くなる。
  2. 多くの卵胞が育つことから【OHSS:卵巣過剰刺激症候群】の発生率が高くなる。

 

⑵short法のメリットとデメリット

メリット:

  1. 薬剤の使用期間が短い。
  2. 発育卵胞数が多く、多くの採卵が期待できる。
  3. 多くの胚を確保することが期待されるので、凍結保存することができる。
  4. 卵巣機能低下した方、高年齢の方でも複数の卵胞を確保することが期待できる。

デメリット:

  1. 多くの卵胞が育つことから【OHSS:卵巣過剰刺激症候群】の発生率が高くなる。
  2. 卵胞の成長に若干のバラツキがある。

 

⑶アンタゴニスト法のメリットとデメリット

メリット:

  1. 薬剤の使用期間、投薬量が少ない。
  2. 【OHSS:卵巣過剰刺激症候群】の発生率がLong法やshort法に比べて低い。
  3. 卵巣機能が低下した方にも有効と言われている。

デメリット:

  1. 薬の値段が高い。

 


⊆然周期法(低刺激法)のメリットとデメリット

⑴完全自然周期法のメリットとデメリット

メリット:

  1. 投薬が全くない。

デメリット:

  1. 確保できる卵子の数が少ない。(基本的に1個)
  2. 自然排卵し、採卵できない場合がある。
  3. 卵胞が育たないことがある。

 

⑵クロミッド(クロミフェン)法のメリットとデメリット

メリット:

  1. 投薬量が少ない。
  2. 卵巣への負担が軽い。
  3. 卵巣機能が低下した方、高年齢の方の卵子の確保が期待できる。
  4. クロミッド(クロミフェン)を使用することで排卵を抑制できる。

 

デメリット:

  1. クロミッドを使用することで子宮内膜が薄くなることがある。

 


以上がそれぞれのメリットとデメリットになります。基本的には産院で、ひとりひとりに適した治療スケジュールを採用してくれます。

スケジュール

【OHSS:卵巣過剰刺激症候群】とは…排卵誘発剤の投与により卵巣が過剰に発育し、たくさんの卵胞が発育・排卵することで、下腹部の張りや吐き気、嘔吐、呼吸困難など様々な症状が呈する症候群のことです。

 

あと不妊治療において気になるのが『費用』ですよね…。不妊治療って保険適応外ですごくお高いイメージですしね(;´Д`)

次のページでは不妊治療の費用についてまとめていこうと思います。


関連:体外受精の方法と種類 体外受精の費用について


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>

体外受精って何?方法と種類について調べてみました!

JUGEMテーマ:不妊治療

 

体外受精を受けるかどうかを悩む私ですが、説明会を受けないと治療はうけられないので、まずは体外受精の説明会へ行くことにしました。

 

体外受精には様々な方法があることを聞きましたが、素人の私にはすごく難しい話でした。わかりやすく説明してみようと思います。(あくまでも私が通っていた産院の話なので、他の産院ではもっと多くの方法があると思います)

 

体外受精の方法と種類

体外受精には排卵を誘発する方法が大きく〕業周期法(刺激法)⊆然周期法(低刺激法)に分かれています。読んで字のごとく体への刺激が多いものと少ないものです。代表的な5つの方法を説明しようとおもいます。

体外受精,増やす,増


〕業周期法(刺激法)

 

  1. Long法とは…『自発排卵を抑える為の点鼻薬』を前周期の排卵が終わったタイミングから毎日鼻に噴霧します。その後月経が始まり、月経の3日目以降に『排卵を誘発する注射』を毎日注射し、卵を育てます。卵胞の発育を観察し、2個以上の卵胞が18mmを超えた時点で『排卵を促す注射』を打ち、その35時間前後に採卵します。
  2. short法とは…『自発排卵を抑える為の点鼻薬』を月経の開始日か、その翌日のタイミングから毎日鼻に噴霧します。その翌日から『排卵を誘発する注射』を毎日注射し、卵を育てます。後はLong法と同じで、卵胞の発育を観察し、2個以上の卵胞が18mmを超えた時点で『排卵を促す注射』を打ち、その35時間前後に採卵します。
  3. アンタゴニスト法とは…月経3日目ぐらいから『排卵を誘発する注射』を毎日注射し、卵を育てます。卵胞が14mmを超えた時点から『自発排卵を抑える為の注射【アンタゴニスト】』と『排卵誘発剤』を2,3日間注射します。後はLong法と同じで、卵胞の発育を観察し、2個以上の卵胞が18mmを超えた時点で『排卵を促す注射』を打ち、その35時間前後に採卵します。

 


⊆然周期法(低刺激法)

 

  1. 自然周期法とは…完全自然周期での受精は薬(内服・注射)による排卵誘発を一切行わず、まったく自然な月経周期の中で自然に育ってくる卵胞から採卵をし、それを受精させ、原則新鮮胚(凍結させていない胚)で移植する方法です。
  2. クロミッド法とは…月経3日目より『卵胞を成熟させ排卵を促進する飲み薬【クロミッド】』を1,2錠内服し、月経8〜10日目に診察を受け、卵胞の大きさを計測し、ホルモンの検査を受けます。卵胞が18mm前後に達したところでクロミッド内服をやめ、『排卵を促す注射』を打ち、採卵します。

 


※それぞれの赤文字のところが、それぞれの方法の特徴です。

体外受精の方法はこんな感じです。次のページではそれぞれの方法のメリットとデメリットについてお話します。


関連:体外受精のそれぞれの方法のメリット・デメリット 体外受精の費用について


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>